2017.07.17 : 2017年ヤギ小屋制作
2017年バージョンのヤギ小屋完成

みまでできたのですが、屋根用の垂木が不足......というのが前回まで。

さっそく買いに行きました。

涼しいうちにと思ったのですが、涼しいと蚊が寄ってきます。

 

「暑さ」を選ぶか「蚊」を選ぶか。

僕は「暑さ」を選びました。

暑いのは嫌いではありません。

帽子をかぶり、飲み水を用意し、メタリカを流し、ヘビメタで暑さに気合を入れました。

 

まず、南北に6本組んだ垂木に、今度は東西に約40センチおきに垂木を並べていきました。

そして、ドリルドライバーでネジを打ち込んでいきました。

 

そして、波板を上にかぶせて打ち込んでいきます。

注意しなくてはいけないのは、重ねる順番。

水が流れていく方向で高い方を上にしていかないと雨漏りになります。

考えれば当たり前のことなのですが、ぼーっとしてネジを打っていると知らないうちに逆になっていることがあります......僕だけかもしれませんが。

実は一度、逆になって慌ててやり直したのです。

最後までやってから気づかなくてよかったです。


DSC_2172.JPG


これくらいの大きさだと上に乗らなくても脚立の上から全て作業ができました。

もし、これ以上、大きい場合は垂木の上に乗ってやるしかありません。

 

最後の仕上げは横の壁。

これはお世話になっている庭師ウルトラマンまことさんが板を寄付してくださいました。

横に垂木をはわせ、その上から打っていきます。

そして上には、これまたウルトラマンまことさんがメッシュの網を寄付してくださいました。

 

DSC_2308.JPG


最後は小屋の中の床張り。

町の工事で廃棄として出された用水路の上にかぶせていたコンクリートの板を張り詰めました。

これがかなり重いので、小屋の風対策の重しに、なるのです。

 

DSC_2242.JPG


こうして無事、完成......したのですが、ららもりりも怖がって、なかなか入りません。

しかし、雑草の入った箱を置いたら、あっさり入って、貪っておりました。

その後は出てこなくなりました。

日除けとして、この小屋はいいと思ったようです。

2017年ヤギ小屋制作
水平を取らなくてはいけません
??????TOP???